中央線沿線散策日記

東京都小金井市在住記。趣味の街歩きの記録を中心に、相方との休日生活やクロスバイクのツーリング記録を気まぐれにつづりますよ。

武蔵野公園でのんびり

DSC_3196

久しぶりの休日を満喫しています。
最近は休日も疲れて昼前まで寝ていたりするので、ダホンくんで遠出できていません・・・。
クロスバイクのトレックに至っては、家着のハンガーラックになってる始末(;´_ゝ`)

ひとまずダホンくんに乗っかり武蔵野・野川公園までやって来ました。


気づいたら3月も下旬になってしまいました。
出会いと別れの季節ですが、職場では若手の有望株の子が転職して新しい職場に移っていきました。
私も面接官の一人として彼を評価していたので、とても残念です。

でも、今の会社が彼を将来的な見通しを持って、組織の一員として組み入れられていたかというと疑問な所もありました。
数ヶ月で別の仕事に変えたり、組織と組織の狭間の仕事を無理やりやらせたり。
明らかにキャパオーバーな状態を彼の上役は見て見ぬふりしたり。

仕事の最後の日に声をかけたら、面接していただいたのに申し訳ありませんと言われてしまいました。
そんな事気にしないで、次のところはもっと腰を落ち着けて経験積める場所だったらいいねと言ったら笑っていました。

新しい職場でも頑張って欲しい。
中堅と言われている私たちが、彼をもっと評価されるように一緒にできなかったことも、彼が去る要因のひとつであることは間違いない。
色々な思いとその時の出会いで、人生は大きく変わっていくものだ。

別所温泉

DSC_3102

上田・小諸旅の続きです。
上田から電車で約30分ほどで到着する別所温泉。
真田信繁も入ったと言われる歴史のある温泉です。

別所温泉付近は鎌倉北条氏に縁が深く、北条義政が築いたとされる塩田城趾も近くにあります。
信州の鎌倉と言われている所以だそうですが、初めて知りました・・・( ̄▽ ̄;)

DSC_3057

温泉は硫黄泉で疲労回復に効果あり。
温泉街には老舗の旅館がいくつもありました。
私たちの泊まった宿は桂荘という源泉かけ流しの貸切の温泉宿。
貸し切りなので本当にのんびり入らしていただきました。
宿には3つの風呂がありそれぞれ趣が違う( ̄O ̄)

半露天風呂は、上田の身を切るような外気と、体の芯から温まる湯とで、いくらでも浸かってられそうでした。

温泉周辺にはこれまた歴史のあるお寺がいくつもありました。
そのうちのひとつ、安楽寺には国宝の三重の塔があり、鎌倉時代の緻密で豪快な建築を、雪に足をとられながら見ることができました。

DSC_3074


もう少しゆっくりできれば良かったなぁ~(*´ω`*)
とてもよい温泉でした。


小金井の梅

DSC_3172

家の近所でいい香りがしていました。
見事な梅。

梅が香に のっと日の出る 山路かな ~芭蕉

小諸城趾

DSC_2957信州は小諸・上田へ2月の頭に行って来ました。今旬の真田丸繋がりで、ほんとにふらりと行った感じです。

立川からバスで3時間くらいで小諸駅前に到着。
い、意外に早いのですね・・・( ̄∇ ̄*)ゞ

駅前はこじんまりとした懐かしさを感じる駅ですが、綺麗に整備されてました。
その駅のすぐ近くにある小諸城趾。
日本100名城のうちの一つで是非ともいってみたかった場所です。

小諸城の歴史は古いらしく、平安時代まで遡るのだそうな。
戦国時代は武田信玄の軍師山本勘助が城郭の整備を行い、仙石氏により城下町の整備・大改修による石垣見事な近代城郭となったとのこと。

千曲川の流れと丘陵地を見事に利用し、石垣もなかなかに高く、迷路のような城内になっており、城マニアにはたまらんことだろう・・・( ̄O ̄)


DSC_2974


DSC_2981


お城から眺める小諸の風景はとてものどかでした。





テスト投稿 清里高原

DSC_2924

スマホからのテスト投稿です。
お正月明けに行ってきた清里高原での風景です。
冬場はオフシーズンなのか駅前は静か。
この日は富士もバッチリ見えました。

ブログの更新かなりサボりました。
PC故障と仕事が一気に忙しくなり、あまりPCに向かわなくなったのが原因です。
スマホは依存症なほどさわってるんですが(;´_ゝ`)

もしスマホでも綺麗に投稿できるのであれば、また日々の徒然をすこしづつ残していきたいと思います。

DSC_2926






ギャラリー
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 二子玉川へ
  • 二子玉川へ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ