中央線沿線散策日記

東京都小金井市在住記。趣味の街歩きの記録を中心に、相方との休日生活やクロスバイクのツーリング記録を気まぐれにつづりますよ。

奥秩父西沢渓谷を歩いてきました。

DSC_0468

山梨フリークの私が前から目をつけていた西沢渓谷へようやく行ってきました。
山に囲まれた山梨県はたくさんの渓谷がありますが、この西沢渓谷はトレッキングコースがある程度整備されていて比較的純粋な山登りの服装でなくても歩くことが可能!とのこと。

数々の滝があり、エメラルドグリーンの水はさながら中国の九寨溝のよう・・・な、説明を見て以来、関東にいる間は一度は行きたいと思っていた場所です。

DSC_0444

JRの山梨市駅から西沢渓谷行のバスで約40分(直行の臨時バスがでていました)で、西沢渓谷の入口まで行ってくれます。
トレッキングコースは一周約10㌔で約3~4時間かかるとのこと。
七ツ釜五段の滝が非常に有名な滝で、観光協会の写真を飾っていたりします。

DSC_0454


DSC_0466

渓谷入口から舗装された道をしばらく歩くと、徐々に山道に変わっていきます。
大型連休だったからか渓谷に向かう人は多く、私たちのようにバスで来た人もいれば、自家用車で来た人もいたし、どこからかの山から西沢渓谷に来た?山男、山女の方々もいらっしゃいました。

ちなみに、服装は非常にまちまちで、私はどちらかというとインナーは自転車用のしっかりとしたものに、パーカーにジーンズという外面は非常にラフな格好。
同じような人もかなりの数いました。
そうかというと、しっかりとした登山スタイルで大きなバックをしょっている人たちも多かったです。

ある程度トレッキングコースとしては整備されているとはいえ、この後の道を考えると間違いなく後者の服装が正しいのかと私は実感した次第・・・(-_-;)

DSC_0473

DSC_0477

DSC_0483

DSC_0491

DSC_0512

・・・まさに山登り。
靴はしっかりとした登山用の靴を履いてきたのでよかったですが、湧水を踏みつつ、岩を忍び歩き、上り下りを繰り返す。
仕事の忙しさを理由に体のメンテナンスをさぼってきた私には非常にきつかった・・・(T_T)

それでも、途中途中のすがすがしい新緑や心が洗われるような水音、想像を超える水の透明度に疲れを忘れて先へ先へと足を進めてしまいます。

DSC_0515

DSC_0524

そしていよいよ七ツ釜五段の滝。
これまでも素晴らしい滝を眺めてきましたが、この荘厳さにはさすがに「すごい」としか言いようがありませんでした。
エメラルドグリーンの滝つぼの水に、豊富な水量で豪快に流れ落ちる滝。
あまりに見事だったので、しばらくぼ~っと眺めていました。


DSC_0544

DSC_0550

DSC_0547

後半の道は旧トロッコ道を歩きます。
この道はこれまでのごつごつとした岩ではなく、トロッコの路線後を右に左にくねくねと曲がりながら歩きます。
途中、大展望台から渓谷を作り出している山々のパノラマを眺めることができる場所に出て、ひたすら高所恐怖症の人たちには恐怖でしかない道を歩きます。
(いくつか橋を渡りますが、鉄製の網状になっているので下が丸見え)

トロッコは昭和43年までこのあたり一帯の木材搬出のために利用されていたのだそうです。
凄まじい落差のある渓谷をうねりうねっているトロッコの路線は落ちたらひどい目にあいそうだと思っていたら・・・


DSC_0539

DSC_0535

沢まで落ちてる人いるじゃないですかっ!!!(ーー;)

人力で搬出していたこともすごいですが、何よりこの場所を開発していったこともすごい。
怖い思いもしましたが、素晴らしい時間を過ごすことができました。

マイナスイオンもしっかり浴びてまいりました(^^)





 

ひっそりとした鷲宮神社に参る。

DSC_0407

関東地方最古の神社と言われる「鷲宮神社」に行ってきました。

仕事上、神社への祈願などあるようになり、関東の神社をいろいろと見ていたところ、鷲宮神社が関東最古とのことだったので興味を持ち、お参りに行ってきました。

神社のご由緒では祭神が「天穂日命(あめのほひのみこと)」、「武夷鳥命(たけひなとりのみこと)」、「大己貴命(おおなむじのみこと)」の3祭。

ちなみに、天穂日命とは神の国高天原から出雲の国の大国主に国譲りの説得に向かうものの大国主に心酔し、3年間帰ってこなかったと日本書紀には記載されている神様です。
逆に出雲の国では国を安定させた優秀な神様だったとされているようです。

「武夷鳥命」は天穂日命の息子。
神社の由緒にはこの二人と他部族で関東のこの地にやってきて、「大己貴命」を祀った神社を建てた後に、天穂日命を別宮で祀ったその別宮が現在の鷲宮神社の本殿とされているのだそうです。


DSC_0368

JRでやってきたので、最寄駅は東鷲宮駅。
大きな神社の最寄駅はもっと大きくて栄えているのかと思いきや、とてもひっそりと静かな駅でびっくり(^_^;)
参道が駅から続いているなどと思った私は、お昼ご飯を食べずにきたので少し焦る。。。


DSC_0396

駅からは結構歩きました(@_@;)
この日は春の穏やかな気候ではなく、もはや夏のような暑さ・・・。
途中、小さな神社などによりながら30~40分弱歩く。
こんなことなら、DAHON君で自転車担いでやってくれば良かったです(-_-;)

昭和な感じのお店が並ぶ、参道らしき道に辿り着き、ついに鳥居まで到着・・・。

 
DSC_0399

狛犬は後ろ足はしっかり上げつつ、前足は地に着く格好。
俗説かもしれませんが、この格好、出雲からやってきた人たちが祀る神社ではこのようになるとのこと。
ほんとかうそか・・・。

DSC_0406

社殿は3つ。
鳥居の正面と相対していないのがちょっとびっくりでした。

お正月は40万人以上の人出になるようですが、この日は平日で私以外にお参りしている人は数人程度。
とてもひっそりとしていました。
同じ場所でひっそりと佇む鷲宮神社。

当初の神社周囲の風景はいかようだったのでしょうか・・・。


えらい目に合いました・・・

DSC_0513
■函館から新青森へ行く途中。真っ白で何が何やら・・・。

久しぶりのブログ更新です。

今週、月・火と札幌出張。
火曜日の夜に東京に戻ってくる予定でしたが、午後から天気が大荒れ。
新千歳→東京の飛行機が欠航してしまい、足止めをくらいました。

札幌でもう一泊するか悩みましたが、火曜日から水曜日にかけて天気が荒れるという予報と、翌日もキャンセル待ちでごった返す可能性があり、部長の一言で「函館で宿泊。翌日、新青森まで出て東京へ新幹線で帰る」ルートに変更しました。


DSC_0501



DSC_0500


せっかく函館まで来たので、翌朝は、駅近くの朝市でご飯を食べました(^_^;)
函館は学生の頃、ツアーで来たきりで五稜郭の記憶がかすかにある程度です。
ちょっとした観光気分を楽しみました。

ちなみに、この日、函館は暴風。
駅まで3分程度の場所にあるホテルでしたが、駅まで歩くのに吹っ飛びそうになりました。

なかなか、刺激的な経験でございました(@_@;)






 

武蔵小金井nonowa2月19日オープン

DSC_0034

武蔵小金井の工事もようやく最終工程となったようで、駅の商業施設が大々的にお目見えしました。
2月19日オープンとのことで、スターバックスや関西人にとってはおなじみのマネケン、小金井のフランス料理屋さん「テラコヤ」や「神戸屋キッチン」などが営業するようです。

個人的には珈琲店がどのお店になるか・・・が気になっていましたが、結局スターバックスでした。
小金井市には見当たらないので、しばらくは満席が続くのかな・・・。

DSC_0032

DSC_0033

2006年に東京に引っ越してきた時は武蔵小金井駅はまだ高架駅ではありませんでした。
小金井駅脇の踏切は開かずの踏切と呼ばれていましたし。
三鷹以降の中央線沿線は武蔵境、東小金井、西国分寺、国立と整備され、いよいよ国分寺で仕上げとなりそうです。

DSC_0024

国立駅は今やこんな感じ。
昔は南北の連結ができておらず不便でしたが、今は往来が自由になりました。
ただ、駅舎は趣が変わってしまったので往年の駅舎を望む声もあります。

ちなみにこんな感じ・・・↓

kunitati

武蔵小金井駅も写真撮ってたはずでしたが、見当たらない・・・(T_T)

とにもかくにも、武蔵小金井利用者としては駅直結商業施設に期待しています。
駅が便利になることはありがたいですから(^^)





 

岐阜城(稲葉山城)を巡る

DSC_0060
■岐阜城。織田信長改名前は稲葉山城。


年末は実家名古屋に帰省していました。
地元近くをあまり散策したことがないこともあり、せっかくなので岐阜まで足を運んでみました。
目的地は岐阜城。

実は東海地方のお城は名古屋城くらいしか行ったことがなく、岐阜城からの見事な風景を一度は見たいとおもっていました。

DSC_0049

岐阜城は長良川沿いにある金華山という山頂に築かれた山城です。
歴史は古く、鎌倉時代までさかのぼることができるそうで、二階堂行政が砦を築き、その一門が居城して稲葉と姓を改めたことから稲葉山城といわれたのだとか。
お城には健脚を活用するか、ロープウェイで登るかですが、私はもちろん後者で(^_^;)

DSC_0054

DSC_0056

ロープウェイで登ったあと、石段を登って10分弱でお城まで到着します。
お城の中は展示資料室となっていて、武具や鎧、各種資料などがあり、斎藤氏や織田氏の歴史がわかるようになっていました。


DSC_0066
■各務原方面を見る。左側には木曾の山々がそびえてます。

DSC_0072
■長良川の流れが神秘的でした。

DSC_0081
■真ん中にそびえる建物付近が名古屋駅?

岐阜城からの眺めは本当に見事でした。
北は岐阜の山々、西は長良川の流れ、南は濃尾平野を一望でき、美濃を制する者は天下を制すと言われた意味はこの風景も一つにあるのではないかと思いました。

約1時間ほどのんびりと景色を楽しんで帰りました。
年末ということもあり、それほど人もおらずゆっくり眺めることができてよかったです。

もっと早く来ておけばよかった(^_^;)
 
ギャラリー
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 三浦半島一周
  • 二子玉川へ
  • 二子玉川へ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ